Skip to content

名古屋で水道職人の人材募集が多い理由

水道管の敷設から、水栓器具の取り付け・修理などをおこなうには熟練した技術と知識を有している職人でないと対応できません。

水栓器具の取り付けは、目に見えない配管がどこにあるのかを長年の経験から予測するため、特に難しい仕事となります。そのため全国各地の専門会社では経験豊富な職人を雇って円滑に仕事がおこなえる環境を整えています。水道職人は比較的就職しやすくなっていますが、名古屋では2015年以降年間計5、300人もの水道工事に携わる専門職の求人がなされてます。

この求人数は他のサービス業や介護業界の6.8倍となっており、人手不足な状況にあることが伺えます。なぜ名古屋ではこれほど多くの人材募集がなされているのか、その理由は市内全域の水道管取り替え工事が急ピッチで進められていることが起因しているからです。名古屋では1965年に敷設された配管の劣化が進んでおり、2022年をめどにすべてを入れ替えると2014年に表明しました。

広域範囲のため各地で同時進行の配管取り替え工事となり、昼夜の2部に分けて工事が進められいます。このため通常の2倍の人材確保が必要なので、市内だけでなく全国規模の水道職人募集を各専門会社でなされているという訳です。職人への待遇も良く、全国平均の25万円という月給以上を提示し、なおかつ遠方から訪れる方には宿舎の提供と食事の補助までなされます。なお、配管の取り替えが完了する2022年以降は人材募集は減少していく見込みです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *