Skip to content

名古屋の水道工事も職人的な技が必要

水道は人が生活するうえで、なくてはならない要素といえます。

もしも水道蛇口からの小さな水漏れくらいであれば、スパナを使って簡単に直せると考えるでしょう。ところが名古屋に限らず水道工事には職人的な技術を必要とする場合があり、業者に依頼するときにも資格を持っているかどうかを確認することが重要となるのです。では、その資格にはどんな種類があるのかご紹介していきます。「給水装置工事主任技術者」は水道事業者から指定を受けるために必須となる国家資格で、給水装置工事の技術指導や技術管理を行なう役割を持ちます。

給水装置というのは道路に埋められた配水管の分岐から家の中にある蛇口までの給水管や給水用具のことで、簡単に取り外せないもので構成されています。給水装置工事は給水の新設から改造、修繕などすべての工事を行なえる職人が行わなくてはいけません。また給水装置工事のほかにも「下水道排水設備工事責任技術者」や「管工事施工管理技士」があります。

名古屋などで水にトラブルが発生しても、修理にはこれらの資格がなければ手を出してはいけないことがあるのです。資格がない人が配管ルートを移動したり、給湯器やユニットバスの交換工事などは無届で行われ黙認されていることがあります。例え蛇口のパッキングを交換しただけでも、きちんと名古屋の有資格者に確認してもらわなければいけません。まずは職人としてプライドを持っている業者を探して、工事を依頼するように注意しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *