Skip to content

名古屋のトイレで水漏れやつまりが起きる主な原因

名古屋でもトイレは水漏れやつまりが起きることは多く、水が流れなくなったり詰まってしまうことは水廻りトラブルの中でも緊急を要する症状でもあります。

水が流れなくなる前には大体異常が起きていて、トイレの水流が弱くなってきたり、水を流した後に水位が上がってくる、便器に溜まっている水がなくなることが増えてくると対処したほうがいいです。こんな症状が起きたらまずラバーカップで詰まっているのを解消します。大体はラバーカップで解決できることが多く、それでも解消しないで放置すると水が流れないだけでなく、トイレから水が溢れてきてしまいます。

放置しないで修理業者へ依頼して点検してもらうのが一番です。名古屋でトイレの水漏れやつまり、水が流れないなどの主な原因は部品劣化や水に溶けないティッシュペーパーを流したり、生理用品やおむつを流した、トイレの掃除クリーナーを流すなど異物を流してしまった場合です。トイレットペーパーを切らしたからといって、ティッシュペーパーを使うのは駄目で水に溶けないので排水管で詰まってしまいます。

トイレの修理の主な費用の目安ですが、詰まっている場合は5千円から5万円、排管洗浄は1万5千円から3万8千円、水が漏れているときは4千円から1万2千円です。また、お風呂場も水漏れやつまりが名古屋でも多く、シャワーヘッド・蛇口・バスタブなど漏れの原因になる場所がいくつかります。風呂場だと大体はパッキンの緩みが原因で、パッキンを締めることで改善出来ます。詰まるのを防ぐのは普段からごみをこまめに取りのぞいて、パイプクリーナーで排水口の掃除をすることです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *