Skip to content

名古屋で水漏れやつまりが起きると二次被害も

名古屋でトイレで水漏れやつまりが起きると、不便なだけでなくさらに二次被害に繋がる恐れもあります。

水が漏れて床まで溢れ出ると床板が劣化し、合板の接着剤が剥がれてきて浮き上がってしまいます。水が染み込むと床下部分も劣化が起きるため、ひどくなると床の張替えなど余計な費用がかかります。さらに、家電製品の絶縁体の内側へ水が入ると漏電が起こり、買い替えや電気料金増加以外にも感電や火災など事故に繋がって危険です。水漏れやつまりは名古屋でもよく起きますが、湿気で漏れた箇所の周辺にカビも生えてきて、アレルギーやシックハウス症候群、ダニの繁殖の原因になり悪くなると壁の張替えまでしないといけなくなります。

節水タイプのトイレもよく水漏れだけでなくつまりが起きると言われていて、名古屋で修理を依頼することも珍しくないです。これは節水タイプは流れる水量が少ないことで、トイレットペーパーが流れにくいというイメージがあるためですが、適切な使い方をすればそれほど起きません。ただ、構造のために条件が整うとつまることもあり、僅かな水量で流れるようにサイフォン現象を利用してます。

管が水で塞がった状態のとき、下から上に水が流れる仕組みで、これが水が引っ張られて流れるのですがサイフォン現象を妨げられると流れも滞りって詰まってしまいます。節水トイレはトラップの下部にゼット孔があって、ここに尿石などの汚れたたまると穴が塞がってサイフォン現象を妨げる原因になるので、こまめに掃除をして防ぐ必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *