Skip to content

水漏れ排水口のつまりの修理を名古屋で行うには

家を建てるときに行う給水管の引き込み工事は、自治体の指定を受けた水道工事業者しか行うことができません。

名古屋市であれば、名古屋市水道局が指定した業者に依頼して行います。水道管の素材を変える工事や、家屋の取り壊しにともなう、水道設備の撤去も指定業者以外はできません。敷地内で起きた水漏れなどのトラブルや、排水口やトイレのつまりなどの修理も水道工事業者が行います。水洗化工事やトイレのつまりの修理は,名古屋市水道局指定下水道工事業者でなければ行えません。指定給水装置工事事業者であっても、指定下水道工事業者とは限らないので契約前に確認してください。

台所などの水回りには、耐用年数が7年から10年の部品が多く使われています。設置されている環境や使い方で多少の差がありますが、大体10年で水漏れなどのトラブルが起きる確率が上がります。パッキンやカートリッジなど、簡単な部品の交換であれば素人でもできるものもあります。排水管がつまり水漏れが起きている場合は、つまりを取り除き水が流れるようになればトラブルは解消されます。

配管に破損がなければ、素人でもパイプを取り外しブラシなどで掃除をして修理することは可能です。しかし配管に損傷が見られ、新しい水道管に交換が必要な時は専門業者に依頼したほうが確実です。応急措置で一時的に水が止まったとしても、破損した水道管はすぐにまた水漏れを起こします。無理をせず、状況が悪化する前に専門業者に依頼するのが正しい選択です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *