Skip to content

水漏れトラブルを修理するときに知っておくこと

水漏れトラブルを修理するときに、賃貸住宅やマンションなどでは費用を負担する必要がない場合もあります。

賃貸住宅では家主の所有物であり、管理責任も家主などの管理者側にあるので適切な状態を維持する義務があります。維持費は家賃に含まれており、通常の使用で発生した水漏れトラブルの修理であれば使用者が払う必要はありません。実際には揉めるケースもあるため、入居前に確認しておくと良いでしょう。区分所有しているマンションでは使用者の所有物になるものの専有部と共有部に分かれているため、共有部で発生したものであれば使用者に責任はありません。

どちらの場合でも自分で対応しようとせずに、まずは管理者に連絡して指示をもらいましょう。マンションの専有部や戸建て住宅では自分で水漏れトラブルの修理のプロに連絡しますが、非常時に比較して検討する余裕はないので大手を優先して選ぶと良いです。納得できるまで比較したいなら、普通に使えているときに備えとして調べておきます。費用は電話での説明だけでは正確に算出できず、訪問して見積もりをするため、キャンセル時の扱いに注意が必要です。

出張料やキャンセル料の名目で料金を取られることがあり、見積もりの比較をしていると高くなります。断っても一切料金が発生しない会社もあるため、そこに依頼すると良いでしょう。深夜や早朝は割増料金になる場合が多いですが、連絡する時間はずらさずに訪問を遅い時間にします。連絡が遅くなると、希望する時間に先約が入る可能性があるからです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *