Skip to content

水漏れトラブルの修理はどのような手順で行うか

水漏れトラブルの修理をするときに、すぐに原因の調査をしようとせずに、まず冷静になって水を止めます。

水が出たままでは床や家財、集合住宅では階下の住人にも被害が及ぶ恐れがあるので、止水栓か元栓を閉めます。素手やマイナスドライバーで回せますが、固い場合があるのでペンチなどの工具があると便利です。次の原因を探って水漏れトラブルの修理をしますが、賃貸住宅なら自分で対応しないですぐに管理者に連絡します。

老朽化などの過失のない原因であれば費用負担をする必要はありませんが、調査のために分解して悪化させると問題になるからです。過失がある場合でも基本的に設備は家主の所有物なので、対応は任せることになります。所有している物件なら、自分で対応方法を考える必要があります。蛇口から少し漏れているなど、軽微な症状であれば緩みやパッキンなどの損耗が考えられ、やり方と工具があればDIYでも対応できますが、調査しても原因が分からないときなどはプロに依頼しましょう。

水漏れトラブルの修理を依頼するときに、考えられない高額の料金を提示される場合もあるため、見積もりを取って比較するのが重要です。もちろん、できるだけ早く水漏れトラブルを修理したいので、1社目の作業内容と料金に納得ができるときはそのまま契約しても良いでしょう。作業内容に対してあまりにも高すぎるときは断るか保留にして、他社にも見積もりをしてもらいます。見積もりだけでは料金を取らない会社があるので、そこに連絡すると安心です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *