Skip to content

水漏れトラブルや修理が必要な主な原因

水漏れトラブルや修理が必要な原因には、まず多いのが水道管の部品の経年劣化で、蛇口や排管、ウォシュレットなどの温水洗浄便座などは大体の部品の耐用年数が7年から10年で、使い方次第では15年以上持つこともあります。

10年前後で水漏れが起きたときは部品が寿命を迎えた可能性が高く、まずは使っている水道管のメーカーへ部品在庫があるか問い合わせをします。在庫があるなら部品を取り寄せて交換も可能で、ないときは水栓の本体金具を交換するしかありません。二つ目に水漏れトラブルの修理で多いのは部品の破損や接合部分の緩みで、破損のときは壊れている部品を交換します。簡単なものなら自分でも行えるのでメーカーに問い合わせして取り寄せが出来るか相談します。

接合部分の緩みは締めなおすことで漏れが直ることもあります。地震などが起きると接合部が緩むことがあるので確認したほうがいいです。水道管そのものが壊れて水漏れトラブルが起きて修理をすることも多く、漏れている個所が排管途中だと水道管自体が壊れている可能性は高いです。大体管の中がぼろぼろに朽ちていて赤さびが発生していたりします。

古い時代の水道管だとさびが発生しやすい素材で作られている傾向があり、長く使っていると元々の水道管の内部と比べて流れる部分も3分の1ほどの細さになることも珍しくないです。これが漏れる原因になり、水道管をつないでいる部分から漏れているときは接合部が変形していたりします。寒冷地だと水落としをしないと凍結することもあり、管が膨張して破損することも少なくありません。凍結を防ぐには水落としをしっかりすることです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *