Skip to content

自分でできるトイレの水漏れ修理について

トイレの水漏れ修理では、故障している場所によって必要な対策は違います。

給水管は止水栓からタンクに伸びていて、止水栓とタンクの2ヶ所の接続部分からの水漏れが起きます。この場合は、ネジのゆるみや接続部分のパッキンの劣化などが原因になることが多いようです。修理にはまず、止水栓を閉めて水を止めましょう。そして、ネジのゆるみの場合はしっかりと締めなおします。パッキンの劣化の場合は、モンキーレンチで接続部分のネジをゆるめますが、このときにタンク内のボールタップが動くことがあるので片手で押えながらネジをゆるめます。

そして、新しいパッキンに交換してゆるめたネジを締めなおして、止水栓を開けます。トイレの床の場合はフランジパテの劣化が原因のひとつです。このフランジパテの修理は2人で行います。まず止水栓を閉めて水を止めたら、作業中に床が水浸しにならないようにタンク内の水をすべて排水することが大切です。次はタンクに接続している給水管を外します。便器の下のフランジ固定ボルトと便器の下奥にある便器と床の固定ビスも外して、便器とタンクを一緒に持ち上げて修理のスペースを作ります。

劣化したフランジパテを取り外して新しいフランジパテに交換した後は便器をもとの位置に戻しますが、固定は慎重に行いましょう。最後に給水管をタンクに接続してから止水栓を開けます。便器の中で水が止まらない場合は、トイレのタンク内の給水装置が原因です。まず止水栓を閉めて水を止めてタンク内の水を空にします。

トイレタンクのフタを開けて内部の機器の位置を確認して、ずれているようなら正常な位置に戻します。これでもダメなときは機器が劣化しているのかもしれないので取り替えましょう。このように、トイレの水漏れ修理には故障している場所を正確に把握する必要があります。そして、難易度の高い作業もあるので、自信のないときにはプロに依頼するようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *